そこはかとなき散文置き場

そこはかとなき散文置き場

書き連ねたいことを、書き連ねられるだけ。

雑記20171012

薬の副作用かは分からないけれど、四六時中眠い

作業に支障きたしまくりでなんだかなあって感じ

 

牧山って人の停止リストっていうのがあるんだけれど、たまにそれを眺めていると妙に面白い(興味深い、というような意味で)

このリストにはおそらく自死で亡くなったのだろうというTwitter垢が入れられていて、一応公開リストになっている

その中の垢を見てると、本当に世の中多様だなあと思う

様々な悩みを抱えて人は死んでいっているのだけれど、それは突発的に生まれたものだったり、長らく悩みの種になっていたものだったりする

予告して亡くなる人や、何も言わず去る人、予約ツイートをする人もいる

その中には、もしかすると、自死を装っている垢もあるのかもしれない

ネットだし確かめられない部分も大きい

それはそれでいいかな、と僕は思うのだけれど

そしていかに自分の現状が恵まれているのかとか、どれだけ無力なのかだとか、いろいろなものを考えさせられる

 

見たい人は僕のTwitterのプロフのとこから見られるはず

分からなかったら聞いてね

 

外の気温とパソコンの排熱もあって、部屋の中はまだ冷房必須な状況だ

早く冬が来てほしいなあと切に願っている

 

冬といえば、『恋する寄生虫』の季節だ

あの話は結構好きだ

屈折した綺麗さが恋しくなる

 

僕は、『カラフル』の話でもそうだったけれど本の内容に影響されやすくて、『恋する寄生虫』を読んだあとしばらくは部屋が消毒液の匂いに包まれていた

今でも微かに匂うその香りがどこか懐かしい

また冬になったらその芳香に囲まれるのも悪くない

頑張って生き抜けたら、そうしよう