そこはかとなき散文置き場

そこはかとなき散文置き場

書き連ねたいことを、書き連ねられるだけ。

雑記20171004

前略。

ちゃんとした?記事を書くとアクセスは伸びてくれるけれど、こんな雑記ばかりだとちっとも相手にしてもらえないこの感じが、とても生きてるって実感できて、しみじみと感慨深い。

 

今日は早めに雑記に手を付けたというのもあって、ダラダラ書いてしまうかもしれない。そこはご愛嬌ということでどうかひとつ。

 

メインブログの進捗。

大手さんといい感じの契約結べそう。嬉しい。

このまま収益も伸びてくれれば言うことなし。

奮起奮起。

 

繁忙の人生から一歩身を引いてみると、余裕が生まれる。

時間的な面もそうだし、精神的にもそうだ。

忙しいっていうのはそうさせる何か、要因があって、そいつに躍起になってしまうからいけない。

で、僕みたいなコテコテの理想主義者だと、その忙しさの中に完璧をいつも見出そうとするから心労が溜まってしまうことこの上ない。

いるでしょう、あなたの身の回りにも。自分の理想通りに進まないと機嫌悪くなったりしちゃう協調性に乏しい人が。それ、多分僕か、僕の分身か、血を分けた兄弟だと思うから。

そういう人は、プレッシャーを自分でかけてしまう。プレッシャーって本当は外的なものなのだけれど、理想主義者は自分から圧搾機に身を突っ込んでしまうんだな。

何事も中庸を目指すのが一番だ。ほどほどがいいの。

自ら修羅に入る必要なんてないのにね。馬鹿馬鹿しいにもほどがある。

理想は高く、というけれど、理想主義的思考をお持ちの方はあまり崇高な理想を見つけてしまわない方がいい。

例えるなら、0か1かしか存在しない世界の中で生きているのが、僕みたいな理想主義者だから、高いところにものを置いてしまえば、それを取ることの出来ない自分を卑下してしまう。もしくは他者に責任を転嫁する。

0と1以外にも数字はあるんだぜってことを覚えられればいいのだろうけれど、生まれついた性分だから、そう簡単にはいかないんだな。

自分にあった生き方を見つけられればいいね。

 

例のごとくまとまりのない文章でした。草草不一。