そこはかとなき散文置き場

そこはかとなき散文置き場

書き連ねたいことを、書き連ねられるだけ。

憲法改正は悪手なのか

憲法記念日を機に少し憲法改正について考えてみたので、ここで持論を述べておこう。

 

憲法とは、大まかに言ってしまえば法律の元締めみたいな存在だ。憲法を軸に他の法律や条例等は決められる、というようになっている。

日本の憲法はご存じの方も多いだろうが、戦後すぐ、GHQの指導下でつくられた。

まあ一部の人にとってはこの時点で外国の介入入っとるやんけ!純日本ちゃう!ってなるところだろう。松本試案も拒否されたことだしね。

そこには大きな大きな政治的な思惑なんかが絡み合ってるので一概には言えない。当時の日本としてはアメリカ様に逆らいでもしたら……ってな状況だったんだから仕方がない。天皇制が廃止されずに残っただけでも儲けものとしておきたい。

で、時は流れに流れ現代だ。

これまでこの憲法は一度たりとも改正されていない。

これの何が問題なのかというと、戦後すぐの思想が憲法には含まれていて、現代の思想にはそぐわないという点だと思う。もちろんアメリカの思想という意味だけでなく、戦後すぐの日本の思想なんかも今の時代では認められないものが多い。

そんな思想のもとつくられた憲法は、現代では『解釈』という言葉で無理矢理に引き伸ばされ法律に生かされている。幸福追求権などは新しい人権を主張する際にはその使い勝手の良さからほとんどの主張で用いられているように思う。

端的にいうと、もう引き伸ばさないと使えないくらいガタがきているのだ、憲法には。何も憲法改正は9条だけの問題ではないのだ。他にも私学助成金なんかも憲法的にはグレー、かなり黒寄りのグレーであることだし。

これらは性急に改正を求めるものではないかもしれないが、やはり9条についてはそうはいかない。

9条は北朝鮮を始めとする、日本に敵対意識をもつ国からの攻撃を守ってくれるものではない。あくまで、「私らは武力持ちませんからね」ってだけなのだ。

このせいで自衛隊は身動きが取れない場面も多々ある。国民や海外の人々を守るためでもだ(現状、言葉遊びで容認させている場面すらある)。

諸外国は戦後憲法を改正している。時代の流れに沿った政策のために。日本はどうだ。世界を見て行動できているか。

武力を持たずに平和的に解決していくことは、絵空事と言いたくなるくらい今の情勢では難しいものがある。なにせ色々な思想のぶつかり合いがあるから、一筋縄では動かないのが世界だし。

もっと日本も良い方向に賢く動けていければなあと常々思う。

では今回はこんなところで。